うちのこ。

エキゾチックアニマルの飼育・繁殖ブログです。

タグ:レオパブレンドフード

こんにちは、こんばんは。

直近ではレオパブレンドフードについて記事を書いたところですが、ここらでちょっくら、うちで試したレオパ用人工飼料の比較と所感についてまとめて書いてみようと思います。


※こちらの記事はあくまでうちのこファームでの分析になります。
 必ずしも全てのレオパにあてはまるものではありません。
※こちらの記事は随時更新予定です。


◆検証飼料一覧

・レオパゲル … ☆☆☆☆☆
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キョーリン レオパゲル 60g 【特売】 【在庫あり】-
価格:640円(税込、送料別) (2017/8/4時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キョーリン レオパゲル 60g お一人様3点限り 関東当日便
価格:660円(税込、送料別) (2018/6/17時点)

 キョーリンさんのゲル状飼料
 うちではたまたま好んで食べる個体が多いので☆5つ。
キョーリンさんの公式商品ページはコチラ
レオパゲルの講評記事はコチラ

・レオパフード … ☆☆☆+
 サムレプさんの粉末状練り餌
 当初の嗜好性に難があるが、応用しやすさ、栄養価の高さが高評価。
レオパフードの講評記事はコチラ
レオパフードの応用記事はコチラ

・グラブパイ … ☆☆☆☆
 レパシーさんの粉末状練り餌
 嗜好性及び栄養価はお墨付き。
 使用期限が短いので☆4つ。
レパシーさんの公式商品ページはコチラ(英文)
(そういえばグラブパイでの個別記事書いてませんでしたね。近々書きます。)

・レオパブレンドフード …☆☆+
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GEX エキゾテラ レオパブレンドフード 60g 関東当日便
価格:698円(税込、送料別) (2018/6/17時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GEX エキゾテラ レオパブレンドフード 120g 関東当日便
価格:1200円(税込、送料別) (2018/6/17時点)


 GEXさんの乾燥ペレット
 嗜好性はまずまずだが栄養価への疑問と取り回しにくさが難点。


◆与えやすさ

・レオパゲル … ◎
 チューブから必要な分を搾り出して使用。与えるまでの手間が圧倒的に少ない。
 独特の粘性のおかげかバイト成功率が高く、一度食らいつくと一塊を途中で噛み千切らせず呑みきらせやすい。
 ダスティングの粉末が付着しやすいのも○

・レオパフード … ○
 適量の水分と併せて練り、団子状にして与える。練り餌系では最も手順がシンプル。
 水分少なめで硬めに作ればピンセット、うちではハーゲンダッツの白スプーンに乗せて
 咬ませる等で給餌。練り餌のため粘性が少なく、噛み千切られやすい。
 粉末状なので、あえて水分多めで液状か半液状でピペット等でも与えられる。
 取り回し易く、ダスティングの粉末もブレンドしやすい。

・グラブパイ … ○
 お湯で溶いて固める必要あり。それを冷ましてゲル状にするので多少手間。
 基本的な与えやすさはレオパフードに順ずるが、通常の与え方だとレオパフードほど硬さなどの細やかな調整ができない。
 一方、レオパフードにはない独特の食感のようで食い付き時の感触はいいように見受けられる。
 材質上、置き餌で一番有効に使えるのはこれのような気がする。
 ダスティングの粉末がブレンドしやすい。
 置き餌での打率がいいのを加味して○

・レオパブレンドフード … △
 乾燥ペレットを水で適度にふやかして与える。
 乾燥のままや硬めでも与えられるが感触としては微妙。
 標記通りの手順で作るととにかくもろく、硬めに作っても食いちぎられやすい。
 練り餌と違い食いちぎられた端の部分で練り固めることもできず、ロスのリスクが高い。
 ふやかした状態でのペレットの大きさは丁度イエコLと同程度で手頃ではある。
 ダスティング可能ではあるが前者に比べ微妙。


◆嗜好性

・レオパゲル … ◎
 初回及び持続給餌における嗜好性は高い所感。
 リピート率が高く、不発が少ない。

・レオパフード … △
 ぶっちゃけ嗜好性は低い。
 餌付け前の準備(ダスティング等)を経た個体とそうでない個体で初回給餌時の食い付き具合に如実に差が出る。
 好き好んでは食べないが嫌いというわけではないようで、たまに思い出したようにバクッとくる。
 餌付けに手間を要する上、打率にムラがあるので微妙。

・グラブパイ … ◎
 感触大変良し。食い付きがよく、ゲルに比べ置き餌での打率もいい。
 食いムラは少ないが、最も使用期限が短いので、作った分を上手く食べきらせられるかという点でリスクは有り。

・レオパブレンドフード … ○
 初回はまずまずの打率だが、リピート率は微妙。
 食いちぎりによるロスを想定すると嗜好性はもう少し高くあってほしかったなという感触。
 

◆応用しやすさ

・レオパゲル … ×
 材質上応用不能。一応、千切れたものを練り固め直すくらいの加工は可能。
 ただし、レオパゲルは現状単体でメイン餌として十分機能するので、うちでは用途上問題なし。

・レオパフード … ◎
 粉末状で、通常加水のみの加工となるので、あらゆる局面で応用しやすい。

・グラブパイ … ○
 レオパフードと同様。
 通常は熱湯で加工するものとされているが、ゲル状に加工するために必要なのか品質的に熱が必要なのかわからないので、評価保留。
 現状、一応粉末状でも問題なく使用できてはいるので○
※グラブパイはレオパ専用フードではないので当然他の爬虫類に与える際の使い回しも推奨。

・レオパブレンドフード … △
 乾燥のまま粉々に砕けば応用可ではあるが、手間。
 ふやかしてしまうと頑張ってすり潰しても微妙にダマが残り、ピペット等で詰まる。
 基本的には標記の用法通りに使うことしか想定していないと思われる。

グラブパイ以外はレオパ専用飼料を謳ってはいるが、他の種に与えても問題なく消費できてはいる。
ただ、グラブパイも含め上記の飼料はあくまで昆虫食の爬虫類をメインに作られたものなので、雑食性の爬虫類に給餌するときはそれ以外でのバランス的な食育は欠かせないと思われる。


◆ロスのリスク

・レオパゲル … ○
 一度噛ませてしまえば噛ませたブロックは問題なく飲ませられる。
 チューブから出した分は戻せないので○止まり。

・レオパフード … ○
 標記通りの与え方の場合、レオパが食べる気にならなければそのままロス。
 一応多量の水でほぼ液状に薄めたものをピペット等で給餌することで多少の償却は可能。

・グラブパイ … ◎
 標記通りの与え方の場合、レオパが食べる気にならなければそのままロス。
 こちらはリユースできないが、作り置きできるということと、うちでは置き餌でダメ押し成功することが多いので◎

・レオパブレンドフード … △
 標記通りの与え方の場合、レオパが食べる気にならなければそのままロス。
 こちらはリユースできないが、置き餌としての流用は可能。
 ただしうちではグラブパイに比べ打率微妙。

この辺は各個体の好みによって評価が上下すると思われる。
その点で見ればうちではレオパゲルが優勢。


◆栄養価(肥立ち参考値)
 給餌ペースはアダルトでは体重維持 or 若干のバルクアップが確認できるもの、~ヤングでは順調に体躯が仕上がるペース及び量

・レオパゲル … ◎
 水分含有率の問題か、食べなれていない個体は下痢することがある。
 自然由来の整腸成分が添加されているとのことで、少々便が緩いことを除けば消化排泄は順調に思える。
 また、うちのこファームでは標記の推奨給餌ペースおよび量より少ない回数でも、給餌量に対し十分な肥立ちが確認できた。産後の給餌でも頼もしい。
※給餌ペース
 アダルト … 月3回 1回あたり4~6cmほど / 匹
 ~ヤング … 週1~3回 1回あたり食べるだけ~上限4cmほど / 匹

・レオパフード … ○
 標記によれば、レオパフード単一で終生飼育・繁殖が可能とのこと。
 給餌量は他の人工飼料に比べ1回あたりの量が少なくなるが、問題なく体重維持。
※給餌ペース
 アダルト … 週1回 1回あたり食べるだけ / 匹
 ~ヤング … 週2~3回 1回あたり食べるだけ / 匹

・グラブパイ … ◎
 レオパゲル同様、与える時に水分を含有する影響か、便がゆるくなることがある。
 しかし十分な肥立ちが確認できるので、栄養価は確かと思われる。
※給餌ペース
 アダルト … 週1回 1回あたり食べるだけ / 匹
 ~ヤング … 週1~3回 1回あたり食べるだけ / 匹
 作り置きできるので、小出しで様子を見ながら量を調節できる。

・レオパブレンドフード … ○
 グラブパイに比べ昆虫由来成分の含有率が低め。
 材料にじゃがいもとあるのが少し気になる。
 給餌量に対し目に見えて過度な肥立ち(単純にコオロギを同じ体積分与えた場合と比較して)は確認できないが、体重維持と若干のバルクアップは見込める。
 が、他の人工飼料と比べ同じ分量与えるのに手間が多い。
※給餌ペース
 アダルト … 週1回 1回あたり食べるだけ(~多くて8粒ほど) / 匹
 ~ヤング … 週4回 1回あたり食べるだけ(~多くて6粒ほど) / 匹

まぁ人工飼料なんて土台栄養価がちゃんとしてなければお話にならないんですけどね。


◆保存性

・レオパゲル … △
 未開封では標記の使用期限。開封後の期限は冷蔵で1ヶ月程度と短め。
 試しにほとんど絞りカスのみになったチューブをしばらく残して観察してみたが、
 冷蔵保存していても中でカビが生えていたので、用法を守って保存・消費するのが吉。

・レオパフード … ○
 明確な記載なし。開封後は冷蔵で保存。
 他の飼料に倣って半年くらいを目処に使いまわし中。
 基本粉末なので腐る心配はしてないが、冷蔵保存なので使用時結露での湿気に注意。

・グラブパイ … △
 粉末状で2、3週間(短っ)冷凍で半年。調理後のゲルも期間は同様。
 標記通りの期限での消費効率を考えると、多種多頭飼育で用いるのがいいかなと思う。

・レオパブレンドフード …◎
 乾燥ペレットなので常温保存可能。
 保存パックは密封式なので長期間の保存が可能と見られる。
 標記には開封後はお早めにの旨記載があるが具体的な期間は記されておらず不明。

使用期限は総じて短めのものが多いが、これは余計な添加物が含まれて居ないことの裏付けでもある。
各ファームの需要に応じて適当に消費できる飼料を選ぶのがいいと思います。


◆価格
私が利用している通販の安値を参考にしています。

・レオパゲル
60g 640円~ (10.7円 / g)
※粉末や乾燥餌と違いゲル状なので、水分含有率を加味すると、実際の成分価格はもう少し高くなると思われる。

・レオパフード
114g 2610円 (22.9円 / g)
お高めですが汎用性を考えればありがたいものではある。

・グラブパイ
85g 1860円 (21.9円 / g)
170g 2880円 (16.9円 / g)
大入りボトルの方がお得感があるが、期限内に使いきれるかというのも考慮し購入を考えるべき。

・レオパブレンドフード
60g 698円 (11.6円 / g)
120g 1200円 (10円 / g)
450g 3400円 (7.6円 / g)
業務用大袋が俄然お得。
こちらは長期保存に向いているので、メインで使っている人は大袋で購入でウハウハ。


◆その他

・レオパゲル
糞の臭いが抑えられるとの触れ込みがあるが、普通に臭いし抑えられている実感もない。

・レオパフード
フードは臭いが、糞がその分臭くなるということはない。

・グラブパイ


・レオパブレンドフード

レオパの人工飼料はすでにいくつかリリースされていますが、人工飼料は次から次へと出てきますね。
今回ご紹介するのは爬虫類の飼育用品メーカーとしてよく知られているGEXさんからリリースされた「レオパブレンドフード」です。

DSC_2079



※一ファームでの検証データとして忌憚なく講評しています。今回はディス寄りです。



※参考価格
・小売袋 60g 700円弱(11.7円 / g)
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GEX エキゾテラ レオパブレンドフード 60g 関東当日便
価格:698円(税込、送料別) (2018/6/17時点)


・小売袋 120g 1200円(10円 / g)
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GEX エキゾテラ レオパブレンドフード 120g 関東当日便
価格:1200円(税込、送料別) (2018/6/17時点)



・業務用大袋 450g 3400円(7.6円 / g)

メーカーさんHP

標記の特徴は以下の通りです。
嗜好性抜群、昆虫主体の配合のヒョウモントカゲモドキ専用フードです。
●レオパの食性を考え、昆虫粉末を中心にカルシウム、ビタミン類をバランスよく配合しました。
●昆虫の栄養素のまま、タンパク質35%もの高タンパクフードです。
高品質な昆虫原料を47%も使用しています。
●ぬるま湯でふやかして必要な量を与えることができます。
●ドライペレットなので保管も容易で経済的です。
昆虫原料の使用率についてはグラブパイが70%超だったと思うので特別高いとは思えません。

標記の成分表は以下の通りです。
アメリカミズアブ幼虫、小麦、魚類タンパク加水分解物、じゃがいも、サーモンオイル、第二リン酸カルシウム、昆布、酵母、レシチン、Lリジン、塩化コリン、Lメチオニン、硫酸鉄、タウリン、ナイアシン、L-アスコルビン酸-2-リン酸エステルカルシウム、酸化亜鉛、酸化マンガン、Dパントテン酸カルシウム、ベータカロチン、リボフラビン、ピリドキシン塩酸塩、チアミン硝酸塩、葉酸、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム、ビオチン、ビタミン類(B12、E、A、D3)
じゃがいも?と一瞬目を疑いましたね。

保証成分
粗タンパク質:35%以上、粗脂肪:10%以上、粗繊維:5%以下、粗灰分:6.5%以下、水分:10%以下、カルシウム:1.3%以上


標記を見るとさすが人工飼料、徹底して成分構成されているように見えます。


◆与え方

標記の与え方は以下の通りです。
●レオパが食べきれる量、1日2~3粒を目安にぬるま湯に3分程浸します。
●柔らかくなったペレットを1粒ずつピンセットで動かし、レオパが食べなくなるまで与え続けてください。
●粒を水に浸しすぎるともろくなり、与えにくくなります。
●芯が硬い状態でも消化に問題ありませんが、硬すぎると食べない場合がありますので3~5分を目安に浸してください。
●浸したペレットはその日のうちに使い切ってください。また、食べこぼしたペレットは取り除いてください。
●新鮮な水をいつでも飲めるような状態にしてください。

ぬるま湯で3分ほどふやかして柔らかくした状態で与えるとのこと
乾燥コオロギと比べてふやかす時間は短めですが手間としては与える前にワンクッション必要ということで同じような感じですね。
グラブパイよりはお手軽とはいえますが、レオパゲルが先発品としてある以上圧倒的に楽であるとは言い難いです。


◆利点

とりいそぎの利点としては、ペレットタイプの乾燥餌なので、常温保存が可能です。
先発のレオパ人工飼料はどれも冷凍・冷蔵保存が主ですしね。
また、先発の人工飼料と比べて特別というものではありませんが、例によって水分含有加工するので、給餌ついでの水分補給も可能です。


◆難点

とにかくモロい

最初に標記の時間通りふやかして与えたときは、全てピンセットのつまみ位置より下で噛み千切られ、中途半端な端だけ残すハメになりました。
しかもゲルと違い粘性がないので、細かい切れ端を練り固めるということもできません。
ふやかし時間短めや水分少なめで固めに作っても結局全てきちんと飲ませるという風にはできなかったので、与える側のテクで補わなければいけない部分かなと思います。

何なら与える前にピンセットでつまんでいる段階でぽろぽろ崩れます。
置き餌であればモロさは勘定に入れる必要はないですが、置き餌には置き餌のリスクがあります。
(床材の付着・誤飲、カビ、乾燥、そのままロス…)
人工飼料あるあるですが、本品も床材がぺったりくっつくので、砂などの床材で飼育している個体のケージに差し入れるように与える場合はよりロスのリスクが大きいです。

→その点で言えばグラブパイの方が感触としてはマシですし、噛ませてからの飲ませやすさでいえば先発品のレオパゲルが比べようもなく楽です。

→色々試行錯誤しましたが、表記のふやかし方ではなく、2,3回霧吹きをして数分放置し、芯の残る状態までふやかしたものを与えることで、ピンセット給餌中に崩れるリスクを減らすことができました。
また、ふやかしにはぬるま湯が推奨されていますが、冷水でふやかしたものを与えても、環境温度をきちんと構築していれば、観察した限りでは個体の消化に悪影響はありませんでした。



◆嗜好性について

成分に魚類タンパク加水分解物と記されている通り、サムレプさんのレオパフードとくらべるとさほどキツくはありませんが、本品は若干の魚臭さがあります。

うちで検証に使ったアダルトレオパ4匹(流通している人工飼料ほぼ全てに餌付いた個体)とベビー1コロニー分では初回の食い付きについては、レオパゲルの一発目とほぼ遜色ない反応を見せました。

が、2回目、3回目以降で何が気に食わなかったのか、食い付きが段々悪くなっていき、未遂回が多くなりました。
また、ブレンドフードを継続して与えている子に他の人工飼料を与えても普通にか、むしろブレンドフードのときより勇んで食いついてくることが多かったことから、少なくともうちの検証個体における嗜好性が優秀であるとは言い難い結果になりました。

→以降継続的にブレンドフードを与えていましたが、一度拒否反応を示した個体については、興味を示さないか、噛み付いても飲み込まずに吐き出すことが多い一方、問題なく食べる個体については引き続き食い付いています。
拒否反応については、他の人工飼料と同様に与えてもブレンドフードのみ食いが悪いケースが確認できましたが、これは他の人工飼料で逆のケースもあるので、単純に選り好みしているのだと思われます。
→また、選り好みで拒否したと思われる個体について、給餌期間を空け空腹を煽って与えてみた場合の打率は、同様のケースではブレンドフードはゲル未満フード以上といった感触でした。


◆敗戦処理投手

うちではレオパの人工飼料が空振りだったときは敗戦処理投手としてクレスに食べてもらっています。

クレスの場合ブレンドフードにはほぼ毎回問題なく食いつきはするのですが、クレスはレオパに比べバクンバクンと勢い良く咬撃するので、例によってボロボロ崩れます。
なので壁付けのディッシュトレイに余した分を置き餌という形で与えることが多いです。
とはいえクレスは毎回の食事量がそもそもそんなに多くないのでさらに残されてしまい、残った分は結局、万能残飯処理デュビア班のケージにボッシュートという具合です。
上でも書きましたが、ふやかしてしまった餌は下手するとカビるので一晩置いたら撤去です。
一度にふやかす量は考えましょう。


◆総評

うちではリピートしません。

大きな理由は2つあり、

1つは粉末状でないということ。
粉末状の練り餌は与える前に加工する手間がありますが、粉末という形質上ダスティングしたり、水やヨーグルトに溶かし液状(半液状)で与えるというフレキシブルな使い方ができます。
ブレンドフードはペレット状なのでそれができません。
もちろん乾燥ペレットなので粉々に砕いてか、水分大目で長めにふやかしてぐちゃぐちゃにした上で用いることもできると思うのですが、それをするなら最初から粉末状のレオパフードを使えばいいのでは?という気になります。
→試してみましたが水でふやかしてぐちゃぐちゃにしようとすると、頑張ってすり潰しても半端に固形で残りピペットで詰まらせ、使い物になりませんでした。乾燥した状態で砕けばまだマシでしたが、最初から粉末状の餌があるのにわざわざそうする手間が面倒です。

2つ目は、現状最新のレオパ用人工飼料ですが、総合的に見て後発品であるのに先発の人工飼料に劣っているということ。

・与えやすさ→レオパゲルの圧勝

→ゲルの記事でも書いていますが、レオパゲルは粘性が強く崩れにくいため、一度咬ませるとそのまま大き目の固形を飲ませやすいという利点があります。
 比較するとブレンドフードは一口あたりのペレットサイズなので、レオパが飽きた時点で給餌が終了するので、給餌分量がよりシビアになり、ロスのリスクが大きいです。

・嗜好性(打率)→(少なくともうちでは)レオパゲルの圧勝

→今回ブレンドフードの検証には、各種人工飼料に餌付いたアダルトと虫食中心のアダルト10匹弱とベビーの餌付けで1コロニー丸々、比較用に20匹程度の個体を用いました。
 結果レオパゲルが最も感触がよく、ブレンドフードはグラブパイ>ブレンドフード>大きく差を開いて>フードといった具合でした。
 レオパゲルについては「レオパゲル寿司」で、グラブパイについてはダスティングで、それぞれブレンドフードに比べ虫食からの調教、シフトが容易であるという点も加味しています。

・応用しやすさ→当初から粉末状のレオパフードやグラブパイに軍配

→上記の通りです。ただしグラブパイと違いレオパフードの場合嗜好性がダントツ低いので考え物です。

・ロスのリスク→(与えにくさも加味して)うちではダントツ

・栄養価→成分表と使用期間中の肥立ち具合から、突出して優秀という風には見受けられない。

→今年のベビー1コロニー丸々を餌付いて以降ブレンドフードのみで立ち上げた結果、以下の所見が得られました。
 デュビアのみで立ち上げた個体より明らかに肥立ちがいい
 コオロギのみで立ち上げた個体より給餌量あたりの肥立ちがいい
 レオパゲルのみ(餌付き以降)で立ち上げた個体と比べると大差はないが若干劣る
 →レオパゲルの場合、噛み付いた分から大きい塊でも飲ませやすいのに対し、
  ブレンドフードではペレットの形状から給餌個数に限りがあるからだと思われる。
 グラブパイのみ(餌付き以降)で立ち上げた個体と比べると明確な差異はない
 フードについては餌付かせるのが困難なため、ベビー立ち上げでの検証はしていません。

さすがに人工飼料というだけあって、虫食中心に比べ肥立ちは間違いなく優秀です。
人工飼料の中での位置付けとしては過不足なく消化もよく特に劣ってはいません。

・保存性→開封後使用を急ぐゲルやグラブパイと比べ長期保存が可能

要は勝手が悪い点に比べ、突出した利点が少ないということです。

が、保存性については現行の人工飼料の中では頭抜けたかなと思います。
というか、そこに注力してこのような形状になったのかなという気もします。
しかしそのせいで勝手が悪くなった部分もあると思いますし、何よりゲルやフードの冷蔵保存にも現状不便さを感じていないので、私としてはそこをとってブレンドフードを積極的に利用したいというほどのことはありません。

もちろん、与えやすさについては実は私の方がびっくりするほどピンセット使いが下手クソという可能性もありますが、だとしてもそこのスキルをカバーしてくれる先発品(ゲル)があります。
嗜好性についてはもちろん個体差はあると思いますが、うちではゲル・フード・グラブパイで餌付かせた個体に対して特別打率がいいという感触はありませんでした。

うちのこファームでは当面、レオパゲル天下が続きそうですね~…

余談ですが、ペット用品でおなじみcharmさんでレオパゲルの何やらフェア?安売り?をやっている?ようなのでこの機会に、お買い併せに、いかがでしょうか?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キョーリン レオパゲル 60g お一人様3点限り 関東当日便
価格:660円(税込、送料別) (2018/6/17時点)






このページのトップヘ