うちのこ。

エキゾチックアニマルの飼育・繁殖ブログです。

カテゴリ: コラム

ごきげんうるわしゅうエビバディ

『爬虫類 飼育用品』で検索すると必ずパッと目につくところに出てくる定番グッズがあります。
右も左もわからないビギナーさんはまずその辺や、おおよそ飼育用品のオススメが書かれたHPさんの言を鵜呑みにして色々目につきやすいものを買い揃えると思うのですが、私がそんなノリで買ったものの中で、思いのほか使い勝手が悪く持て余したものがいくつかあります。

・レプタイルボックス

・バンブーピンセット

・ウェットシェルター

ご存知、めっちゃ見るやつです。
多分ヒョウモントカゲモドキの飼育ビギナーなんかは「とりあえずこれ買っとけば間違いない」くらいなノリで勧められる三大ポピュラー飼育用品でしょうね。

そんなこれらのグッズですが、私は個人的に気に障るところがあって使わなくなったので、その経緯とレビューをここに載せようと思います。
特に後者2つで多大にディス方面に展開するので商品リンクは貼りません。


◆レプタイルボックス

アクリル製のケージで、一般的なプラケと違って表面に擦り傷が入りにくいです。
が、落としたりするとプラケより割れやすいのでは、と思います。
プラケの類と違って直角の構造になっているので、並べやすくかつデッドスペースを作りにくい構造になっています。
底面以外はスケルトンになっていて見通しやすく、レイアウト面ではかなり沼…いじり甲斐のがるケージと言えます。

上部スライドドアはマグネット固定になっているので、きちんと閉めておけばこのサイズのケージで飼育するおおよその種では脱走が起こりにくいです。
また、スライドドアには適度に空気穴が空いていて、温湿度管理がしやすくなっています。

サイズ感では、レオパならサイズ系変異個体でなければ終生これで十分飼育可能です。
地表棲のヤモリも大抵これでいけると思います。
ボールパイソン、コーンスネーク等蛇もベビー~ヤングくらいまでは飼育可能です。

総じて、爬虫類(特に地表棲ヤモリや小型の蛇)の飼育においてはとても便利なケージと言えます。


いいこと尽くしやんけって思われたかもしれません。
私も最初そう思っていました。


気に障った点『丸洗いしにくい』

私が個人的にこのサイズのケージに求めるものであり、利点であると考える点はそのお手軽さと、それゆえの洗いやすさです。
ケージをそんなに頻繁に丸洗いしない方がマジョリティだと思うのですが、継続的に使っていくにあたっては定期的な丸洗いが必要だと私は考えています。臭いなんかは染みますしね。

で、いざ洗おうというとき、このケージは内面角もきれいに直角な上、上部スライドドアの固定機構が返しになり、丸洗いする時に内部のゴミ(乾いた糞尿の欠片や細かいおがくずなど)が取り除きにくく、水はけが悪いです。
砂とか敷いた日には大変なことになりそう…
そう考えると、プラケの台形様の構造は丸洗いしやすくその点大変魅力的です。(でも絶妙なデッドスペースが気に食わない…)

という具合で、洗うときちょっと不便するだけです。
このケージの様々な利点に比べるとほんの些細なことなのですが、複数個使いまわすのに、洗うたびイライラしていい加減嫌気が差したので、このケージの使用はやめました。

それから、気に障ったというほどでもないのですが、このケージは足が絶妙に邪魔です。
おおよそのプラケには足がついていてパネヒなどを使うとうまく底面が接着せず保温効果をよく発揮できないケースが多々あります。
このケージも、ここまで爬虫類飼育に向いたケージを設計するなら、申し訳程度の足なんてつけずに底面もまっ平らにしておけばいいものを…と思いながら私はもぎました。
足は意外と簡単にもげますが、底面のプラスチックごと微妙にこそぎとってしまうこともあるので、もぐ際は注意が必要です。

繰り返しますが、小型種の飼育であればレイアウトのし甲斐については他のケージの追随を許さない魅力的な作りではあります。
なので、1匹かっちりレイアウトして飼い込みたいという方にはオススメです。
洗うときにイライラしそうな方にはおすすめしません。


◆バンブーピンセット

ピンセット給餌の際、誤って個体がピンセットごと噛みついたときに口内を怪我しないよう柔らかい素材で…ということで竹なんでしょうかね。
爬虫類の口内炎は飢餓につながるので注意したいところです。
鉄製に比べると確かに安全なのかもしれませんが…

・まず、デカすぎ

ピンセットの構造であのサイズでは普通に扱いにくい…というか、ピンセットのポテンシャルを十分に発揮できません。
先端がつるつる(ステンレス製のようにギザギザ面がない)な上、デカくて先端に力が集中しにくく、特に活コオロギなんかでは狙った箇所をなかなか掴めません。
ちまちました餌虫(コオロギLでも手間)をレオパあたりに給餌したり、小さい蛇にピンクマウスを給餌するようなときに使おうと思うとかえって作業しづらいです。

・モノによって咬み合わせが悪い

ロット時点でうまく咬み合うものと咬み合わないもののバラつきがあります。
まぁそれは誤差の範囲というか、個人の感じ方の差にもよるんでしょうが…
使い分けるため複数所持していましたが、具合の悪いものがあって難儀しました。

・使ううちにささくれる

まぁ竹なので…
ただ、生体の安全面を考慮して竹なのだとしたら、ささくれていてはワケないな~と思う次第で。

ハッキリ言って実用性がかなり低いと感じました。
私はすでに使っておらず、代わりに普通のステンレスピンセット、場合によって割り箸や100均のシリコントングにシフトしました。
竹でもステンレスでも噛ませれば生体にケガを負わすリスクは同様にあり、であればどちらにしても個体に噛ませなければいい話です。
テクニックでカバーする話ならと、使いやすいピンセットを使うようになりました。

わざわざ使いにくいものに馴れるよう頑張るか妥協するかするより、使いやすいものを工夫して使う方が楽だなと思いました。


◆ウェットシェルター

素焼きで水を吸い蒸散するため、ケージ内で湿度勾配を作れる上シェルターにもなる優れものです。
シェルター内部に滴る水で給水も可能とか。

それはその通りで、このシェルターの機能については間違いなくイイモノです。
が、イイコトしか書いていないところが多いので、ヨクナイコトを書きます。

・カビる

よく水を吸うので、カビます。
カビの胞子が表面に出てきているということは、カビが対外発散を始めているということです。
これはどういうことかというと、カビが新たなコロニーを外に模索している。つまり、表面にカビが見えた段階でシェルター内部は既にカビの菌糸で埋め尽くされているということです。
そうなると表面のカビをふき取るだけでは解決できず、全体の消毒が必要になります。
カビが生み出す毒素は生体にとんでもなく毒性が強いので、注意が必要です。

こまめに洗うなど気をつけていればカビは予防できますが、水垢汚れはどうしてもついてしまいます。
特にシェルター上部の吸水溝部分は水垢がつきやすいのですが、ここの返しが結構雑に尖っていて、スポンジがつっかえて洗いにくいです。
水垢汚れはレジオネラ菌の温床であり、こちらも生体に対して明確に有害です。

素焼きは構造上水分がよく染みるので、1回カビたり水垢がついたりしら完全に除去するのは面倒です。
カビや水垢は徹底的に乾燥させることで予防が可能なので、水抜きが推奨されます。
洗うたびにきちんと水抜きせずに使っていると、毎日洗っても結局表面が水垢でぬめるようになります。
が、洗うときに水抜きをきちんとしようと思ったら、1個では絶対に毎日使い回せません。

・臭う

吸水性に優れているということは=臭いの吸着も凄まじいということです。
中には吸水溝部に糞をする子もいるので、それこそまめに洗わないと、使用する種によってはすぐ臭くなります。
レオパなんかは生体自体は臭くありませんが、糞はしっかり臭いです。
爬虫類の糞は普通に哺乳類とか人の糞と同じように臭いです。そしてその臭いを吸います。
尿がかかれば尿も染みます。それに気付かないでいると酸っぱい臭いがしだすことも…
なので、ただのシェルターとして使いまわすとしたら臭くなる一方なので使い勝手が悪いです。

・というのに洗いにくい

素焼きで水を吸うので、しっかり綺麗にしようと思ったらいちいち水抜きまでしなくてはいけません。
洗剤やらハイターやらを使うと、その成分が抜けないまま使用した際、生体にとって有害な成分を含んだ水が染み出してそれを生体が口にするケースも想定できます。
除菌には他にいくつか方法がありますが、茹でたり電子レンジにかけたりするにしても、人が食べるものの調理器具でやるのも…
結局よくよく洗った上で水抜き、天日干し、しっかり乾いてから使い回しという風にやっていると手間で手間で仕方ありません。

そこまできっちりしなくてもいいかと最初は思いましたが、適当にやるとその積み重ねですぐ状態が悪くなります。
最初からそういうものだとわかって買うならまだしも、私はスパンの短い消耗品だと思って買ってないので、このシェルターのイイトコにうまいこと食いもんにされたな~と後悔。
確かにイイトコにだけ焦点を当てるとイイモンではあるのですが

・しかし保湿はそこまで持続しない

季節やケージの締め切り具合にもよりますが、期待したほど保湿がうまくいかないことが度々ありました。
それは私が上手く使いこなせなかっただけの話ですが、ウェットシェルターがあれば手放しで保湿できる!というわけではないケースもあります。
ただ、先にも書いたように衛生的な観点からただ水を継ぎ足すのみというような使い方には疑問があります。

・割れる

特に乱暴な扱いをしていなくても唐突に大きな亀裂が入ったり欠けたりすることがあります。
箇所にもよりますが、いやなところに亀裂が入ると水がすぐ抜けて保湿もクソもないガバガバシェルターになることがあります。



☆代替
安定は穴あきタッパーかな。
ウェットシェルターは素焼きで表面がザラザラなので、特にレオパなどの脱皮様態の種が脱皮の際体をこすり付けるのに便利です。
タッパーではそれがないので、私は底面に湿らせたザラザラスポンジ(よくある二層スポンジの硬い方だけ薄く売っているモノ)を敷いて代替設備としています。

そもそもレオパならレプタイルボックスくらいの空間であれば飲み水用の水入れを置いておくだけで通常生活に必要な湿度は保てると思います。脱皮前だけ何らか加湿するよう工夫すれば、十分不全は起こさないようにできます。
ちなみに表面がザラザラの構造物がなくても、うちではDAISOのシューズケースと水入れのみで毎回とくに不全なく脱皮はできています。

確かにウェットシェルターはレオパあたりの野生棲息環境をよく再現できてるんだと思いますが、そんな環境が常に必要か?って考えたら、レオパの生活様態を見るに決してそうとも言い切れないなと私は思います。

なので「(素焼きの)ウェットシェルター必須!」みたいな言い方する人を見るとなんだかな~と思っちゃう。

複数匹何年も飼育した上での所感だけど、素焼きのウェットシェルターは全然必須ではない。
シェルターが必要な個体だと感じるならシェルターを置いて、あとは飲み水用の水入れを置いておけば十分です。

結局、得られる恩恵とメンテナンスの手間が釣り合ってないと感じるので、私はボツ。
確かに便利で合理的ではあるけど、消費者的には買う前にその道具の扱いと難点を知っておけたらなと思う。



と、長くなりましたが、よく紹介される飼育用品には、それはそれで難点があったりします。

もちろん開発者さんは私よりよっぽど想定した飼育対象について詳しいのだと思いますが、イイコトに焦点を当てると、イイ演出をするためにないがしろになる部分が出てくることは往々にしてあって、今回紹介した3点のうち後者2点はそれが顕著な気がします。

まぁ、私の個人的な印象なんですが。
飼育用品なのでお試しで使い勝手を見て…という風にはできません。
せめて、その用品の良し悪しが広く人に知られた上で、消費者の選択肢が広がればいいな~と思いしたためました。

飼育用品をお買い求めの方はご購入前にぜひご一考を♪

某匿名便所の落書き処で色々考えさせられる書き込みを見たので


爬虫類は(人目線では)とても奇怪な見た目と習性を持っていて、その上とても可愛らしい生き物です。
その魅力にとりつかれて愛でる飼育者が大勢います。
が、そんな表面的な魅力しか見ず、飼ってみて「何か違った」となる人も同時に少なからずいます。

爬虫類に限らず愛玩動物をペットとして飼育する人は、飼育において「楽しいこと」「可愛いところ」「楽なところ」ばかりに目を向けず、多角的にものを見るべきです。

私は個人的に爬虫類なんかはよほどニッチな種じゃなければ哺乳類などに比べて楽チンだと思いますが、それでも楽なことばかりではなく嫌なことや面倒なことは大なり小なりあります。

私が最も手間に感じることは、「飼育するにあたってその種をよく知ること」だと思います。
そしてこれこそが最も大事なことだと思います。

爬虫類の多くは、ただ部屋に放っておけば勝手に生きてくれる生き物ではありません。
変温動物であり、体機能が人間のそれと大きく異なります。
「わからないことがわからない」ような状態で挑むのはとてもリスキーです。
爬虫類にとってより良い飼育環境を構築するために、飼う前の段階で必要な知識を身につけておくべきです。

本来であれば販売員が丁寧に説明すべきことですが、販売員も爬虫類のすべてを知っているわけではありません。
爬虫類専門店でも、店員それぞれに得意な分野とそうでない分野があり、すべての種について適格かつ十分な知識を教示できる人はそう多くありません。
総合ペットショップの店員なんてほとんどが哺乳類だ小型鳥類だメインで爬虫類は申し訳程度のゲテモノコーナーみたいに扱っている人も珍しくはありません。

が、だからと言って、手を出すのであれば「きちんと説明しない店員のせいだ」とは言ってられません。飼いたいのはあなた自身ですから、人のせいにせずまず自分が真摯に物事を知るべきです。
そして店員も必ずしも「本当のこと」を言うとは限りません。
初心者相手にデタラメな情報を吹き込む頭でっかちな販売員は実際にいるので、誰かしら個人が言ったことを鵜呑みにするのは危険です。

まずは下調べしましょう。

・どんな生き物か
成体(フルアダルト)でのサイズや寿命、性質、性格など
特に爬虫類は小型種でも犬くらいは平気で生きるほか、長いものでは20~40年くらい平気で生きます。寿命を侮らず、終生飼育できるか。もし自分が何らかの事情で飼育できなくなったとき、誰かが後の面倒を見てくれるか、生体を引き取ってくれる宛てはあるか考えるのも大事です。

・どんなものを食べるか
食の嗜好、購入予定のショップでは何をどれくらいの頻度で与えられているか
餌には何を与えるか、サプリメントは必要か、冷凍餌ではどのように解凍すべきかなど
時に冷凍マウスを「熱湯」で煮て解凍するとんでもないアホがいるようですが、人と違って爬虫類は加熱凝固したタンパク質を消化できません。(これも知っておくべき知識)
冷凍餌の湯銭の仕方も、店員他実際に飼育している人の方法を訊くか調べるかしましょう。

・どんな環境が必要か
ケージの大きさ、温度、湿度、紫外線の有無、
ケージ内にはどのようなレイアウトが適しているか、脱走の危険があるかなど
爬虫類はベビー~ヤングくらいで売られている子が多いですが、成体になるとそこそこのサイズになるものが多いです。(モニター系、イグアナ、ケヅメリクガメなど
自分の部屋で面倒をみきれるか、よく考えてください。

・どんなトラブルが想定されるか
拒食、脱皮不全、寄生虫、感染症、ストレスによる不調など
環境構築がずさんだと爬虫類は体調を崩すことがあります。
どのような症状があり、それを予防するためにどのような環境や器具が必要か、また、万が一体調を崩したとき、近くに生体を診てくれる動物病院はあるかなど、知っておく必要があります。

これらは最低限調べるべきことです。
これしきをめんどくさがる人であればきっと飼育しても上手くいきません。
長続きせず飽きるか生体を死なせてしまうかがお決まりのオチだと思います。

飼い主になるのであれば、一つの命を預かる者として、飼い主の矜持を持って飼育に挑んでほしいものですね。

ine2_2

ハンドリングについて講釈垂れてるので説得力出すために実地で撮影やっちゃりました。
寛ぐくぬぎたぬ。

さてさて
2回に渡ってアオダイショウの性質飼育環境についてお話しました。
今回は実地の飼育方法。つまり実際のお世話はどういう具合か書いていきます。


最初に

◆検疫

当然ですが、特に多種多頭飼育をしている飼育者は、新規で個体を導入した際には適当な期間を設けて検疫(隔離飼育)しましょう。

具体的には
・ダニの有無
・病気や感染の有無(重度の場合検疫期間中に没する)
・餌への関心や食い付き(併せて口腔系疾病の有無確認)
・期間中に脱皮すれば不全や出血がないか確認
といったところでしょうか?

WCではなくても、ショップ内でFHやWCを同じ棚に並べてられたCBが病気をもらっているというケースがあります(ボールパイソンでは特に)。
要するにショップで購入する個体でも、病気や細菌をもらってくる恐れは十分にあります。
アオダイショウは店頭販売個体でもWCの流通が多いので、気を遣うべきです。
うちでは蛇を新規導入した際はまず次亜塩素酸希釈湯で温浴させています。 
(温浴の方法は後日)

また、ショップから飼育者の下へ移り、環境の変化に戸惑う期間があります。
本種は比較的丈夫な種なので過度な気遣いは不要ですが、ストレスケアのため、適切な飼育環境(できれば最初は多少高めの温度:26度くらい)でしばらく触れず、様子を見ましょう。


以降の日頃のお世話

◆水換え

飲み水と水浴池を兼ねた水入れをケージ内に置きます。
基本はタッパーですね。前回書きませんでしたが、コンビニおでんの容器なども使えます。が、おでんが入った後では表面が脂っこくなるので、念入りに洗って再利用する必要があります。
ここに遊びを利かせると飼育レイアウトが面白おかしくなります。
うちでは和風な模様の入った丼を使っていますが、エッヂの利いた人は土鍋やら漬け壷やらおしゃれな鉢などを使って居たりします。
大体何を入れても、派手だから蛇が萎縮するというようなことは今まで確認できていません。
ただ何だかんだタッパーが使い勝手がいいのでオススメです。(笑)

基本2日に1回(季節により多少変動)の水換えです。
アオダイショウは日本の水で普通に暮らしているので、特に飲ませる水に気を遣ってはいません。
うちでは普通に水道水を汲んでしばらく室温で慣らした後(季節によっては水道の冷水ままでは体を冷やしてしまい体調を崩しかねないので)ケージに入れています。カルキ抜きはしていません。

また、蛇は賢く、生活動線をある程度絞ります。つまり水のある位置構造を把握します。ので、ケージ内で水入れを置く位置はおおよそ定めておくのがいいと思います。


◆給餌

うちではピンクマウスは割り箸で、アダルトマウスは100均のトングで与えています。
ス●ーのバンブーピンセットがエキゾチックアニマルの飼育にやたらと推されていますが、ピンセットの構造でサイズ無駄にでかく、使い勝手悪いので私は好きません。
生体の口腔内を傷つけないために堅すぎない素材がいいと言われていますが、竹だから特段緩和されるとも思いません。使ってるとささくれてくるので余計に。
日本人は幸い箸の扱いに長けているので、それなら割り箸で十分かと思います。

マウスを鼻先でヒラヒラさせてたら食いついてきますが、ピンセット給餌に慣れていない置き餌食いの子の場合はケージ内の適当な場所にそのまま置きます。
置き餌食いの子は餌のサイズがよほど無茶でもない限り臆病で腰が引けているだけなので、マウスを置いているときに隙あり!とばかりに咬んでくることはありません。むしろそうしている間も逃げようとせこせこ動き回ると思います。
また、割り箸での給餌中に蛇が指に間違えてロックオンして誤って咬んできた、ということはうちでは一切ありません。アオダイショウはピットに頼っていないので、そうそう外しません。
指に飛ばれたときは単純に与え方が悪いと思います。

それから、蛇なので例に漏れず、頻繁な給餌は必要ありません。
慣れてくると餌を探しているような仕草が観察できるので、通常の給餌ペースと個体の様子を見て給餌量は調整しましょう。

※参考(うちでの給餌量の下限)
ベビー ピンクマウスS~M 週2~3回 1匹/回
ヤング ピンクマウスM~L 週1回 2~3匹/回
サブアダルト ホッパーマウス 週0.5~1回 2~3匹/回
アダルト アダルトマウスM~L 月2回 1~2匹/回


◆床材の敷き換え

アオダイショウは食べて割とすぐうんちを、また頻繁に尿もするので、結構な頻度で床材が汚れます。
ので、基本汚れたら交換。回転が速いので、お手軽なキッチンペーパーがいいかもしれませんね。


蛇は基本食べて排泄してたまに脱皮するだけの生き物なので、具体的なお世話は以上です。


以下応用編

◆ハンドリング

アオダイショウは臆病な生き物なので、基本的にはハンドリングは嫌がります。
が、元来のおとなしい性格のおかげか、成長するにつれて落ち着き、ハンドリングにもよく馴れてくれます。
よく「1日〇分を毎日!」とか言う人がいますが、毎日欠かさずとか時間を決めてとか決め決めにやらなくても本種はよく馴れます。
むしろ触りすぎて迷惑に思われない程度に「脅威ではない」アピールをすることが大事です。
日頃のお世話で刺激しないようなテク(具体的には素早くバタバタせず静かに)が求められるわけですね。

ハンドリングの実地では上から摘み上げるのではなく、掬い上げるように持ち上げること。その際蛇の顔の向いていない側から手を出すこと。
また、おどおどせずに、蛇が状況を捉え切れていないうちに素早く手に乗せてしまうのがコツです。

持ってからのコツは「持つ」のではなく「乗られる」ようにすることです。
ine2_3
掴まない、絡まれるの…(ブルゾン並感

師匠は「ハンドリングするときは蛇が落ち着きやすい枝になれ」と仰ってました。
アオダイショウには手の上での独特の寛ぎ姿勢があるので、落ち着きやすい姿勢になるよう極力自由に乗られてあげましょう。

また、もし手に乗せた状態で逃げ回ろうとしててんやわんやしたときは、蛇を乗せた手を高く掲げるようにして持つと、手の方に戻ろうとします。
ine2_1
高低感覚がはっきりしているんでしょうね。木登りが上手といっても、やはり落下するのは気持ちよくないんでしょう。

 
とは言え、馴れていないうちはたまに飛んできたりします。
怪我して不幸になるのは嫌なので対策も書きましょう。


◆咬撃への対処

アオダイショウは基本的に温厚なので、よっぽど機嫌が悪いタイミングか、よっぽどビビらせるかしないと咬んでくることはありません。
給餌の前後で餌と間違われ咬まれることはあると聞きますが、それはアオダイショウが悪いのではなく飼い主の不注意です。

アオダイショウがよく咬撃に出るタイミングとしては、ハンドリングしようとした時です。
蛇の中にはハンドリングしている(手に乗せている)最中でもお構いなく咬んでくる種もいますが、アオダイショウについてはハンドリング中は逃げようとするか落ち着いているかのどちらかで、よほど嫌な持ち方でもしない限りは咬まれることはないと思います。

ハンドリングしようとした時に咬まれる要因は
・うかうかしていた(素早く乗せることで対処可)
・手の位置が悪かった(アオダイショウの咬撃範囲を見極めれば対処可)
・掴み方が悪かった(掬うようにすれば対処可)
・機嫌が悪かった(触らなければ対処可)

手の位置ですが、アオダイショウは1回の挙動で頭部の向きをギュルンと変えてきますが、いきなり全方位に対処できるほど守備範囲は広くありません。
頭の向いた側とは逆の方から触れるようにすれば、大抵の場合まず逃げに走るので、その隙に颯爽と掬い上げましょう。

また、咬む余地を与えない手の向け方も重要です。蛇は口が大きく開くといえど、さすがに咬みつける大きさには限度があります。
咬みそうな挙動だと思ったら手のひらをかざしましょう。大体は無駄だと悟って咬撃に出ません。
指を開かず、手全体を大きく見せることがコツです。

が、以上のような注意を払っても、どうしようもなく機嫌が悪く飛んでくるケースはあります。
前述していますが、うちの子の中にたまにどうしようもなく機嫌を損ねる子が居ます。そういうときはもう触らず放置に越したことはありません。
ハンドリングは蛇にとってはストレスでしかないので、人間の都合でいつでも触れるとは思わず、様子を見て控えるようにしましょう。


◆咬まれた後の対処

手のひらは皮が厚いので噛まれてもひどくはならないのですが、指や腕などを噛まれると、一瞬鋭利な痛みの後に血がダラダラ出ます。
アオダイショウの牙は魚の小骨のように小さくするどく、怪我自体も痛みも大したことはないのですが、割と血は出ます。
おそらく軍手くらいしていれば成体サイズに咬まれても牙が届かず怪我もしないと思います。

本種は毒持ちではありませんが、流通しているアオダイショウの中にはワイルドの子も多く、それらは野生で何を食べてどんな雑菌を口の中に飼っているかわからないので、感染症予防のために、咬まれたらすぐ流水と石鹸でよく洗い、消毒しましょう。

私は未熟なことに割りと咬まれて怪我していましたが、よく洗いよく消毒することで、今のところ大事には至っていません。
何にしても、一番の予防は「咬まれない付き合い方をすること」に尽きますね。


というわけで総評

◆アオダイショウの飼育難易度

激易

・性質面

性 格 ◎ 超温厚(多少の個体差・WCの気難しさを考慮しても◎)
エ サ ◎ 調達しやすい。雑食だがマウスで終生飼育可。
臭 い 〇 多少の青臭さはあるが基本的には無臭。(臭腺被害はCBだとほぼない) 
環 境 ◎ 基本的には季節ごとの温度管理と飲み水、簡易シェルターで可。
脱 走 △ 脱走上手。稀にプラケの蓋をこじ開ける個体がいるので注意。
繁 殖 〇 容易。ただし幼体の餌は要考慮。
値 段 ◎ 本種より安価の蛇は居ない。(モルフ・色変・アルビノは別)


・飼育面

手 間 ◎ ほぼかからず。
費 用 〇 他の蛇と比べて安価で済む。
触合い 〇 ハンドリングは容易。動きが速いので注意。


簡単、の一言に尽きます。
とにかく、申し訳ないほど手間がかかりません。

餌のマウスの調達や保管が一番手間と言っても過言はない気がしますね。

恐らく日本人…というか日本で蛇を飼育することを考えたら、本種が一番簡単なんじゃないでしょうか?

大人しくて渋可愛いアオダイショウ
一家に一匹、いかがですか?

↓シリーズはコチラ↓
アオダイショウ飼育
①アオダイショウとは 
②飼育環境 
③お世話 (コレ)

こんにちは~。

ine1_1

こんぶちゃん♂

前回はペットスネークとしてオススメしたアオダイショウの性質を書きましたが、今回は実際にうちではどのようにアオダイショウを飼育しているか、飼育環境の構築について書いていきます。


基本環境について


◆飼育温度

基本的には人が普通に生活できる室温内に置けば問題ありません。
目安としては15~26℃くらいが適当でないかと思います。
本種について注意すべき点は「夏場の高温」と「冬場の低温」です。
冬についてはヒーターで加温なり、加温された人の生活空間に置いておけば問題ないのですが、夏場は温度を下げるのが難しいです。
可能であれば冷房のきいた部屋に置いておくのが安心ですが、日中家を留守にするので冷房などがもったいないと感じる場合は、500mlペットいっぱいに水を凍らせた冷凍ボトルをケージ脇に置くか、タオルなどで表面と蛇の皮膚とが触れないようきちっと巻いてガムテープか何かで固定したものをケージ内に(その場合そこそこの広さと立体的な遊びのあるケージが必要になります)横たえておくことで、1日程度冷房ナシでも冷温効果をキープできます。
が、上記方法を試す場合は温度の低限高限を記録できる温度計などでシミュレーションし、温度の遷移を確認してからすることをおすすめします。
計測機能付きの温度計は普通のものより値は張りますが、クーラーつけっぱなしよりは安上がりです。
また、こまめな水換えで、冷えた水で水浴できるようにしておくといいかと思います。


◆飼育湿度

こちらも温度と同じく、基本的には日本の気候に倣います。
うちではおおよそ40~60%の合間でキープしており、脱皮前は70%くらいまで加湿します。
基本的にはケージ内に開けた水入れを置いておけば加湿装置になります。
あとはケージにもよりますが、冬場など乾燥する季節は空気穴の一部をマスキングテープで塞ぐなどして保湿するために工夫しましょう。


設備について


◆ケージ

プラケ等、生体のサイズに合わせて調整。
プラケや衣装ケースの場合、隙間から脱走したりふたをこじ開けたりすることがあるので、空気穴やふたの固定には気を遣いましょう。
アオダイショウは昼行性で、陽が出ている間は散策しますが、基本的には狭苦しい場所でひっそり隠れているのを好む種です。ので、過度に広い底面積は必要ありません。
一方アオダイショウは半樹上棲種のため立体的な活動範囲を考慮すべきと言えます。

定説の「とぐろの3倍の面積」で云うと、アオダイショウ成体(体長1.5mほど;本種は最大2mほどになると言われていますが、個人的な所感では2mマックスのサイズまで成長する個体はそこまで多くない気がします。)を想定した場合、とぐろの直径が20cmとすると、とぐろの面積はおおよそ314~400c㎡
その3倍なので推奨されるケージの底面積は942c㎡以上ということです。
市販ケージの規格で考えると、前面幅が45cm程度のケージが適当ではないかと思います。





よりゆとりを持って飼育したい場合は前面幅60cmもあれば十分かと思います。




また、蛇の飼育に衣装ケースを用いる人が多いですが、本種は大蛇系と違い体型が細い上隙間にもぐりこむのが得意なため、ケース内の引き出しと囲いの隙間部分から脱走する恐れがあります。
脱走防止加工ができないようであればあまり推奨はできません。
脱走防止加工については、引き戸用のクッションテープの厚めなものなどで可能ですが、個体によってはそれでも脱走しようとして隙間に挟まって立ち往生していることもあるので注意が必要です。

本種については推奨サイズより広いケージでも何らストレスなく生きると思いますが、前述の通り大人しい種なので、組み方によっては持て余す空間が多くなり、もの寂しくなるかもしれません。
また、蛇の精神衛生上落ち着ける場所は必須なので、ケージの広さに係わらずシェルターなど落ち着ける場所を設けるようにしましょう。


◆床材

アオダイショウは食っては排泄し食っては排泄しと、せわしなく床材を汚します。
ので、糞尿をよく吸着する素材が臭い防止や衛生面ではお勧めです。
レイアウト重視で組むならおがくずやウッドチップなどがいいと思いますが、目の細かいものだと餌に付着して誤飲する可能性があります。
うちでは新聞紙を何重かに折った上にペットシーツを敷いています。小さい頃はキッチンペーパーだったり。
新聞紙はお手軽ですが単体では吸水性が弱く、生体がうんちまみれになることがあります。
また、ペットシーツ単体では、アオダイショウはもぐりたがりなのでペットシーツの下にもぐってそのまま排泄…というケースもあります。
新聞紙と重ね敷きするのは、もぐり防止の予防策ですね。
糞尿がケージに付着して乾くと掃除が面倒ですし…床材をきっちりしたところで生体が動き回る限りは壁面にも付着するんですけどね。

という具合で、交換しやすく吸水性のいいものが推奨されます。
成体になるまではキッチンペーパーがおすすめです。




◆シェルター

アオダイショウは臆病な性格なので、みだりにストレスを与えないために隠れ家を用意するべきです。
導入したての頃に環境の変化に戸惑い拒食する子もいますが、シェルターを入れて置き餌をするとすんなり食べたというケースをうちでも実際に経験しています。

爬虫類でありきたりなものと言えば既製品のロックシェルターやウェットシェルター、タッパーの横や上に穴が空いたものなどがありますね。
また、既製品でなくてもトイレットペーパーやサランラップの芯、空の牛乳パックを洗って切ったもの、割れてしまった植木鉢など、身近にあるものが意外と有効にシェルターとして機能します。
野生下では土手の排水パイプの中で丸くなっている姿がよく見受けられるように、蛇は細長い生き物なので筒状のシェルターでも居付きます。
牛乳パックなんかは洗って再利用できたり、捨てるのも楽なので意外と便利ですよ。

サイトによっては「脱皮の際体をこすり付けて皮を剥くため、シェルターの素材はつるつるでなくざらざらなものがいい」と書かれているところがありますが、全くもってその必要はありません
うちにはシェルターを入れず飼育している(隠れ家というか姿を隠す用にキッチンペーパーをゆるく敷いているだけの)子も居ますが、毎度何ら問題なくスムーズに脱皮しています。
プラケの表面はつるつるですが、脱皮時蛇の皮は柔らかく水気を含んだ摩擦しやすい状態になっているので、脱皮に際してはプラケの壁面にこすり付けるだけで十分です。特別こすりつけるための設備が必要ということはありません。
シェルターを設ける場合は材質云々より、蛇が隠れやすいか、実際に落ち着いているかなどを観察しながら適宜適当なものを用意するのがいいと思います。
(上記は水浴器を設置し、適切な温度湿度(脱皮前で多少の加湿)を維持している上での話です。)


◆水入れ

飲み水と、脱皮前や暑い時期に体を冷やすための水浴用を兼ねて、生体が浸かれるサイズの水入れを用意しましょう。
タッパーなどが便利ですが、うちでは100均の丼(食器)なども使っています。
うちの師匠はお気に入りの極上個体の水入れには土鍋を使ったりしていました。笑いましたが、土鍋は熱がよく伝わる点大蛇系の水入れとしては使いようによっては合理的と言えますし、中々味があってあれはあれでよかったです。(笑)

蛇は意外と力持ちなので、軽い素材の器に浅く水を張っただけだと、ひっくり返してケージが水浸しになることがあります。
そこそこのサイズで底面が安定したものに6~7分目くらいで深めに水を張るのがいいと思います。
…とは言っても、ひっくり返す子はどうしてもひっくり返すので、ときにはあきらめも必要ですね。

余談ですが、脱皮前に全身水浴が必要かどうかというのも実際に検証しましたが、必ずしも全身水浴ができる環境でなくても、温度湿度が適当に保たれていれば問題なく脱皮はできるようです。
が、必須ではないとしても不全を起こしてしまっては大変なので脱皮前は注視して、水入れは極力用意しましょう。

また、飲み水は2日に1回ほどのペースで変えるようにしましょう。
あまり放置すると器の中に水垢が付いたりして雑菌が繁殖してしまうかもしれません。

最も、野生下では雑菌まみれの環境でも生きている丈夫な種なので多少は大丈夫だとも思いますが、それでも衛生的な環境を保つことは蛇の生活環境・共生する人間の環境にとってプラスになります。


◆止まり木

アオダイショウは完全樹上棲ではありませんが、野生下では木の枝などに登ってバスキングしたり、樹上で鳥類を捕食する習性が見られます。
もちろん止まり木は無くても問題ないのですが、あればより立体的な活動が観察できるほか、蛇にとっても活動範囲が増えて運動する機会が増えます。
ツリーパイソンよろしく樹上でとぐろを巻いている姿が見られたり、面白いので入れてみてはいかがでしょうか?

ちなみにうちではパーチのほか、サランラップの芯を加工したアスレチックや鹿の角などを入れたりしています。




◆パネルヒーター

うちでは晩秋~春までは、ケージ底面の何割かをパネヒに乗せ、ホットスポットを作って保温しています。
が、日本においては大抵の地域で年の大半は保温せず室温(人が快適に生活できる温度)で飼育できます。
また、秋頃気温が下がってきたら、冬でなくても食後には消化を促進できるよう加温すると安心です。


◆日光

アオダイショウは野生下では結構日光浴をします。
河川敷に木の枝が落ちてると思ったらアオダイショウだった~なんて経験がある人もいるんじゃないでしょうか?
アオダイショウに限らずですが、日光浴はカルシウムを吸収するためのビタミンDを体内で生成するのにとても大事なプロセスです。
バスキングライトまでは不要だと思いますが、日中はケージが陽に当たる位置に置くといいかと思います。

ただし、夏など暑い季節の日光は過度な高温で体調を崩す恐れがあるので、ほどほどに影がかかり、生体がケージ内で暑くない位置に移動できるよう調整しましょう。



という感じでしょうか?


・ケージ 幼齢期  800円(パノラマMを想定)
     成熟期 3000円(パノラマビッグを想定)

・床材       ???円(モノによる)

・シェルター      0円(牛乳パックなどありものの場合)
         2000円(既製品の場合、幼~成への買い替え含め)

・水入れ      100円(100均で丼なりタッパーなり)

・止まり木       0円(ありもので手作り)
         1600円(成体用三晃パーチL想定)

・パネルヒーター 3000円(ピタ適1号で終生飼育可)



設備費用合計 およそ5000~10500円

これだけ揃えれば余裕で飼育可能です。
あーあと、ケージを洗っている間の仮住まい用のプラケなどもあると楽ですね。
ここにほんの数点足すだけで他の爬虫類も飼えますが、その数点がまた手間だったり高かったりするんですよね…


さて、飼育環境はこんなものなので、次回は実際のアオダイショウの世話についてお話します。

↓続きはコチラ↓
アオダイショウ飼育
①アオダイショウとは 
②飼育環境 (コレ)
③お世話 

ペットシーツ談義でTLが燃えてたらしいですが色々諸々可笑しくて傍でわらけてました。


言い方がどうとかどういうつもりで言ったとかそういうのはもう当人の意地と何に張ってるか分からないプライドの問題なのでどうでもいいですが「ペットシーツダメ!」を客観的に見て断言調でのたまった断片的な情報に対して思うところがあったので個人の経験則を踏まえて色々書きます。


◆以下、個人的な見解◆


・ペットシーツ使用で想定されるトラブル

よく聞くのは「蛇(特に大蛇系)がペットシーツを誤飲した」というトラブルでしょうか。
これは実際にそこそこ起こっているトラブルらしく、原因の多くは「餌の臭いが染みたペットシーツを飢えた蛇が飲み込もうとした」というところかと思います。
多分冷凍マウスか何か与えた時にマウスの血が付着して~とか、置き餌したときのマウスの残り香が~とかでしょうね。
あと調べてみると給餌のときにマウスに飛びついたつもりが外してペットシーツに咬みついたというケースもあるようです。

これは確かに「ペットシーツ(サイズ・質的に厄介なもの)を誤飲した」という点で、蛇の命を脅かしかねない重大な事態です。

が、床材の誤飲は上記の要因以外のケースでも往々にして起こり得ます。

与えたマウスが濡れていたりしたら、ウッドチップなんかでマウスがミノムシみたいになってしまうこともあります。
また、ペットシーツで誤飲を起こし得るトリガーは他にキッチンペーパーや新聞紙等で同様のことが言えます。

補足ですが、大蛇系は野生下では誤飲しまくっています。葉っぱなり砂なり木屑なり。
画像検索してみると色々出てくると思います。


私は「ペットシーツだから特別誤飲が起き易い」ということは断じてないと思います。
が、「ペットシーツだから大事になる」というのはあると思います。
そういう点で「ペットシーツはトラブルが起きた際はリスキーである」というのは言えると思います。
「だからペットシーツはダメ」と言ってしまうと、私はそれには異を唱えたいです。

何故なら、ペットシーツで起こり得る誤飲のトリガーは飼育者の不注意や怠慢に拠る部分が大きく、ペットシーツの欠点として論うのは適切ではないと思うからです。
通常、ペットシーツを敷いているだけで蛇が特段に餌と誤認・餌として興味を示すということは考えにくいです。
そうさせてしまうのは給餌に際してそのような接触があるからではないでしょうか。

私もボールパイソンの飼育にペットシーツを使っていますが、マウスの血がシーツに付着して「あ~臭いついたかな~…誤飲とか大丈夫かな~」とモヤモヤ気になったことがあります。
モヤモヤ気になったのでそのペットシーツは交換しました。
そして今日に至るまでペットシーツの誤飲は一度も起こしていません。
問題はそこで収拾がついてるんですよね。

実際に誤飲を起こした人はペットシーツとマウスの間で接触があっても「誤飲とか聞くけど、これくらいなら大丈夫だろ~」と交換を怠ったりしたんじゃないでしょうか。
ペットシーツは決してコスパのいい床材とは言えません。ので、例えば交換したばかりのペットシーツに給餌でマウスの血がついたなんてときに交換を躊躇ってしまう人もいるかもしれません。
ifの話をしていても埒は明きませんが、万全に気を遣っていたのでしょうか?

現にうちではその点を気をつけて何らか措置をしているおかげで現状誤飲は起こしていません。

ペットシーツだからダメという問題ではなく、人災ではないでしょうか。



また、今回他に挙がっていたトラブル例は「ペットシーツの吸湿性が原因の過乾燥に拠る脱皮不全」というものです。

ハッキリ言います。アホか。

それこそただの怠慢です。
というか、ペットシーツを使って過乾燥が要因で脱皮不全を起こしたと云うのであれば、それは「自分で選んだ床材を踏まえた上で適切な環境構築を行えず、その怠慢・技術不足の責任をペットシーツの性能に転嫁している」という飼育者が恥知らずもほどほどにしておけというような幼稚なお話です。

爬虫類飼育の肝は環境構築です。
当然どのような素材や器具を用いるか、それぞれの特性は、それらがどう作用し合い、どのような環境になるかというのは飼育者が何をおいても気を遣うべきことです。
「ペットシーツには過度の吸湿性がある」と言うならその吸湿性を踏まえた上で湿度管理を行えていなければまずお話になりません。
「ペットシーツを使ったら思ったより乾いた!」のであれば、加湿すればいいだけです。
「指をくわえて見過ごして脱皮不全を起こしたけどペットシーツが悪い」?

ガキか。

そんな輩が「ペットシーツはダメだ」なんてほざいて評判を落とされたらア〇リスオーヤマなんか堪ったもんじゃないですよ。
まぁそんな輩が何をどうしてようとどうでもいいのですが、うちでも愛用しているペットシーツの名誉のために補足させていただきます。

・ペットシーツにはさほど吸湿性はありません。
字の通りです。
他に床材として用いられる素材で云えば、新聞紙や木屑系の方がいくらか吸湿性があります。
ペットシーツは吸湿性が~とか言う飼い主さんがどんな床材を使っているのか訊いてみたいです。

・が、一方で吸水性においては圧倒的に優れています。
床材として流通しているあらゆる素材や新聞紙・キッチンペーパーなどは水を吸いはしますが、即座に吸水しないために糞尿が溢れてしまうケースなどがあります。
ペットシーツでは吸水スピードと漏れ防止において他に類を見ないものを持っているので、機能面ではとても優れていると言えます。

・よって、処分しやすい。
処分、交換がしやすいというのはメンテ効率の面で重宝するメリットですね。

・また、吸水した水分を適度に蒸発させ、そこそこの濃度で湿度均衡を保ちます。
そもそも湿度は単に水分量だけでなく温度なども関係してきます。
適切な温度と湿度の開始時点を保てていれば、ペットシーツに因って過乾燥が起きるということは考えにくいです。
あとはケージそのものの通気性ですかね。


が、ペットシーツは見栄えは決してよくありませんね。
なので、レイアウトに凝る方は避けられるかと思いますが、今まで見てきた例からレイアウトに凝っている人が凝っている分適切な環境を構築できているかどうかは別の話だと思っているので、ペットシーツを使っていない方も自分のところの環境構築は省みる必要があり、むしろシンプルに組んでいる人よりもこまめな経過観察が必要だと思います。

あと、脱皮不全の原因は一概に過乾燥だけというわけではありません。
過乾燥でも当然起きるので、それこそ当たり前に気を遣うことだと思うんですけどね。
それでも脱皮不全を起こすのならば個体の健康状態が悪いか飼い主の環境構築がなってないかという話です。

ペットシーツが醜悪な床材であればこんなには流通しないしこんなには愛用されないんですよね。
当然あらゆる床材は一長一短、それぞれのメリットとデメリットがあります。
だから幅があってそれぞれ適切に使い分け、有効に使用するのが飼育者の義務です。
「ペットシーツが悪い」のではなく「ペットシーツを適切に有効に使えない自分が悪い」です。
そういう謙虚な考え方ができなければ飼育者として成長できないと思います。
また「~~は悪い!」と端的に言える人のその言が信用に足るものかどうかについても、言葉尻をよく聞いて見定める必要があると思います。
私の言葉も同様に。
まぁそれも、どれもこれも、私の個人的な見解なんですけど。

このページのトップヘ